インポテンツで悩んでいるすべての方に捧ぐ情報サイト。とりわけED治療薬の紹介に力を注いでいます。

EDで悩んでいる人、実は多いんです

nayami

一般的に考えられているイメージと異なり、インポテンツに悩んでいる男性の数は、かなりの数にのぼります。

インポテンツ(もしくは「インポ」)、ED、勃起不全、不能……呼び方は色々ありますが、近年では国を問わず「ED」と称するのが普通になりつつあります。

EDとは「Electile Dysfunction」の略であり、学会によって「勃起しないのは立派な病気であるにもかかわらず、インポテンツという呼び方ではその深刻さ・本人にかかる負担が伝わりにくいから変更する必要がある」と提議されたのが変更のきっかけです。

インポテンツとはペニスが勃起しづらくなること、あるいは勃起しないことを指す言葉で、性的な機能障害を意味します。

この機能の低下の度合いは広く、まったく勃起しないことを指すのは当然ですが、たまにセックスの途中で中折れする、勃ちが悪くなるといったようなことでも軽度のインポテンツとして扱われます。

また、勃起するのに時間がかかってしまうこともインポテンツの症状に含みます。

専門的な定義では、「陰茎の隆起の発現あるいは維持ができないために、満足に性交を行うことができない状態が75%の確率で起こる」ことをEDと呼びます。

ここで重要になってくるのが、「性欲がわかない」状態や「射精できない」状態だから性交を行うことができないというのは勃起障害には含みません。

また、インポテンツは先天的になることはあまりなく、往々にして後天的になる障害です。

たとえば、肥満や怪我による体質的なことが原因でのEDがあれば、短小ペニスや包茎といったストレスによる精神的なEDがあります。

また、これら2種どちらも原因と捉えることができるEDもあれば、既往病を治す薬によってインポになってしまうこともあります。

そして、厄介なことに原因によってそれぞれ治療法が異なってしまうのです。

インポテンツは治療することができます。

主な治療法はメンズクリニックに通院、精力剤の服用、ED治療薬を投薬するといった方法です。

しかし、上述したようにインポの原因によって治療法は変わってきます。

そのため、まずは自分のEDの原因を探ってしっかりと状態を把握することが必要です。

Copyright ©2013-2016 インポテンツ治療-インポに効果のあるED治療薬 All rights reserved.